*社会人1年目・営業マン1年目*


by bye-bye-thankyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:私的感想( 6 )

思ったこと。

今回の公演の感想を少しばかり。
とても個人的ではありますが…

more
[PR]
by bye-bye-thankyou | 2006-07-04 23:46 | 私的感想

見終わりました。

「2LDK」
メイキングまでしっかり。

稽古を見ているうちに台詞が大体頭に入ってたようで、DVD見ながら「お~同じ台詞だ~」とか言ってみたり。(バカですいません)
稽古を見ていて疑問だったことが解決したり。(私の台本読み込み不足です)

ネタバレと言えるほどの感想は書けませんが、これから観ようと思ってる方はスルーでどうぞ。
↓↓↓↓



●いやぁね、スゴい。
●映画の方だと戦闘シーンは無音なんですねー。
この無音の状態が、「ある部屋の一室」という様子がリアルに見せてるんですね。
普通あんな戦いしたら死ぬだろって思うけど、生々しい。とても。
でもこれを演劇にした場合、戦闘シーンはやっぱり音が必要だと思いました。
観ている側も、目の前で女2人が戦っててそれに音が加わると更に引き込まれる。
●あ、音と言えば、由希(公演での名前)が自分の部屋で大音量で踊り狂うシーンの音は、映画 より公演で使ってた音の方が好きだなぁ。(単なる好みの問題?)
●恵が「きぇー!!」って叫ぶシーンの小池栄子の目がイっちゃってて少々ビックリ。あの顔すげぇ!
●ホラーが苦手な自分は、浴槽に死んだ奥さんと子供が出てきてビビった。(出でくると思ってなかった)
●一番最後のシーン。観てて、「あ、そうだ、本来はカジキマグロじゃないんだ」と再確認(笑)
●女の、言葉とは裏腹な気持ちって怖ぇ。まぁ自分もそうなんだけど。



あぁうまく書けないよー!
これじゃ小学生の感想文以下だ!
心ん中でもやもやしてるものがあるんだけど、文で書けない!
あー・・・○l ̄l_
でも、公演を観た誰かに「2LDK」を観て欲しい。
そしてこんな小学生以下感想なんかより遥かに立派な他の方の感想を聞きたい。
そしてそして私はそれに共感します。(うわぁ他人任せ)
[PR]
by bye-bye-thankyou | 2005-09-14 01:40 | 私的感想

『69(sixty nine)』

観終わっての第一感想としては、

「ケン(妻夫木)~vVアダマ(安藤政信)~vV(´∀`*)」

でした。
はい、ミーハー(もう死語ですか?)です!

背景としては、1969年の社会反対学生運動とテーマで。
かといって堅苦しいことは全くなく。
これが、クドカン監督の1969年の見せ方なんだなぁと。
うん、おもしろかったです!
2時間近かったんですが時間の長さは全く感じさせませんでした。


その当時の社会を背景とは全く関係なく、健全な男子高校生のエロもいやらしくなく描いてました。
てか男子高校生のエロさがおおっぴらにされてて、むしろ気持ちいいくらい。
男子だけの世界ってこんな感じなのかなぁと。
妻夫木が初っ端からエロワードを発していて、ちょっとビックリしましたけどね(^^ヾ
でも妻夫木が言うとエロさえもなんか爽やか!d(´∀`)


気になった点は、時間経過が早いところ。
まぁそのおかげでスピード感が出て観やすいんだと思うんですがね(^^;
「1969年を2時間の映画の中に詰めましたー!」って感じがちょっとありました(>_<)


邦画では久しぶりに満足できた映画でした☆
それにしても妻夫木はいつまでたっても学生服が似合う・・・( ̄∀ ̄*)ウフフ
あと妻夫木の白短パン姿・・・!!白ソックス・・・!白タンクトップ・・・!!良い!!
そして安藤政信がかっちょいい!!(*ノ∀ノ)キャー!
30代にして制服がまだ着れてるよ・・・!
「解夏」と「69」とを観て九州弁が好きなりました♪
なんかあったかい・・・(・∀・)


うまく感想を表せてないんですが許してください(-_-;
最後なんてミーハー話になってるヨ・・・(´・ω・`)
[PR]
by bye-bye-thankyou | 2005-01-17 23:08 | 私的感想

今日のBJ。

いやん、今日のブラックジャック、ほろ泣きしちゃいました(;Д;)
学校の先生が自分の保険金で生徒を治してくれと、BJに頼むところが…(涙)
原作で読んでたんですけどねー。
やられちゃったい!

次のお話の「白いライオン」てさ…、
あの白いライオンはさ…、
ジャングル大帝レオのライオンだよね…?
てかそれにしか見えなかったんですが…(^^ヾ
[PR]
by bye-bye-thankyou | 2004-11-15 19:33 | 私的感想

「THE DAY AFTER TOMORROW 」

観終わりました。
なんか長く感じたなぁ。


感想としては…、
個人的には「スゴい!(ドキドキ)」で、「おもしろかったぁ!(満足)」ではなかったです。
ちょっと眠気に襲われながら観たせいだからでしょうか。
全体を通して、本当にこんな風に氷河期時代になったらこうなるのかぁ…みたいな。
でも、セット(?)とか凄いと思いました。
これ制作費どれくらいだろーとか。(着眼点違う)
なんかこの映画には教訓的なものしか見えなかったなぁ。
テーマは『環境問題』と『親子の愛・絆』で合ってるのかな?
私的に微妙でした(-_-;)

俳優に関して言うのなら、
ジャックの息子のサムが齋藤慶太にしか見えなかった。(ドーン)
笑い顔が似てるんですよ~vv(←齋藤慶太好き)


あぁ、あたしって、自分でつまんないモノだと思ったやつにはこれくらいしか感想書けないのか↓
へコむ。
もっといろんな点から観れるようになりたい。




そういえば今日で10月終わりなんですね。
早っ。
そろそろ冬ですねぇ。 
[PR]
by bye-bye-thankyou | 2004-10-31 17:33 | 私的感想

「解夏」

観終わりました~。
もうこんな時間かぁ(・_・)

感想を書いていこうと思うのですが、ネタばれになるのでこれから観ようと思う方や、知りたくないという方は回れ右をすることをお薦めします。





大沢たかおはいずれ失明するという病気になり、いつ自分が失明するかの恐怖と戦いながら日々生活していきます。
そしてある老人から「解夏」というのは「恐怖から解放される日」だということを教えてもらう。
失明すれば、いつ失明するかという恐怖からは解放されることができる。
そんな、大沢たかおの「解夏」まで(=失明するまで)の日々を描いたものでした。
そしてそこには恋人の石田ゆり子も絡んでくる、と。
おおまかな内容はこんな感じです。

最初観てて「これはホラー映画!?」と思ってしまいました(^^;)
でも当然そんなことはなく。

『あなたが失明したら、最後に見たいものはなんですか?』
このキャッチフレーズ通り考えさせられちゃいましたね~。
結局大沢たかおが最後に見たのは、恋人の石田ゆりこだったんですよ。
でもあたしにはまだまだそこまで愛せる人はいない訳で。
大沢たかおは「愛してるから、別れよう」、石田ゆり子は「愛しているから、別れない」。
なんか愛って深いですね…。(言っててちょっと恥ずかしい)

テーマや設定は好きでした。
長崎に行きたくなりました。(影響されやすい)
そして失明という自分との葛藤と、恋人とのもつれ。
自分にも絶対ありえないということではないので、真剣に見ちゃいました。
そして「おもしろかった」というより「飽きなかった」です。
あ、「飽きなかった」=「おもしろくなかった」じゃないですよ。
ちょうどいいくらいにお腹いっぱい。

あと、私的に最後の終わり方が好きでした。
これを観た人が「泣けるよ~」と言ってたんですが、途中では泣けるようなところはなくて、どこで泣けるんだよ~と思ってたら・・・最後にやられました。
大沢たかおの目が見えなくなっていくのを、背景が白くなって石田ゆり子の顔がフェードアウトして表現されてるんですよ。
こっちとしては、「あぁ・・・見えなくなっちゃうよ・・・!(泣)」でした。

う~ん、あんな風に好きになれる人と結ばれたいな。




あ、1時半だ。
あと5時間でまた起きなきゃ(汗)
それでは、おやすみなさーい☆
[PR]
by bye-bye-thankyou | 2004-10-25 01:32 | 私的感想